お知らせ

2020年03月17日(火)

第71回卒園式

正門の前で親子で写真撮影

正門の前で親子で写真撮影

 

聖堂は窓を全開し、保護者はマスクをつけて一人ひとり離れて座りました。

聖堂は窓を全開し、保護者はマスクをつけて一人ひとり離れて座りました。

一人ひとり名前を呼ばれて起立する卒園生。

一人ひとり名前を呼ばれて起立する卒園生。

 

けんこう賞をいただく5人の卒園生

けんこう賞をいただく5人の卒園生

 

「大好きだったしるし♪」を保護者の方を向いて歌いました。

「大好きだったしるし♪」を保護者の方を向いて歌いました。

 

卒園のことばも、一人ひとりしっかり言うことが出来ました。

卒園のことばも、一人ひとりしっかり言うことが出来ました。

 

保護者代表による「お礼の言葉」

保護者代表による「お礼の言葉」

 

年長さんとしての最後の歌は「ありがとうこころをこめて」

年長さんとしての最後の歌は「ありがとうこころをこめて」

 

聖マリア幼稚園のあかりを年中さんに伝える儀式

聖マリア幼稚園のあかりを年中さんに伝える儀式

 

最後は全員で「聖マリア幼稚園園歌」を歌いました。

最後は全員で「聖マリア幼稚園園歌」を斉唱

 

先生達と一緒に記念写真を撮りました。

先生達と一緒に記念写真を撮りました。

 

新型コロナウィルスの影響で、3月2日から休園だった幼稚園ですが、今日全員そろって卒園式を行うことが出来ました。12日から年長さんだけ自由登園し、練習を重ねてきました。年中さんは参加せず、聖歌や園歌も1番だけを歌い、卒園証書も代表の子だけが受け取るという簡略化したものでしたが、長い「卒園のことば」や個人のことばをしっかり述べ、最後の退場まで、本当に立派にでき、子供たちの力にあらためて驚いたり感激しました。

予定していた謝恩会も中止で、準備して下さっていた役員の方には本当に申し訳ない気持ちでしたが、このような時も、皆で協力し合い最善を尽くし、精一杯のことが出来たことは、ありがたく幸せなことでした。厳かな雰囲気の聖堂で、祈りと共に一人ひとりを送り出すことができ、本当に嬉しい一日となりました。

 

2020年02月21日(金)

お楽しみ会

美味しいにおいに誘われて、みんなカレーが待ちきれないようです。

美味しいにおいに誘われて、みんなカレーが待ちきれないようです。

年中年少による「はじめの言葉」

年中年少による「はじめの言葉」

年長さんによる歌「1年生になります」

年長さんによる歌「1年生になります」

年中は「ともだちになるために」を手話をつけて歌いました。

年中は「ともだちになるために」を手話をつけて歌いました。

年少さんは「大きな木」という歌を3番まで頑張って歌いました。

年少さんは「大きな木」という歌を3番まで頑張りました。

いちご組とてんし組は「どんな色が好き?」を大きい声で歌いました。

いちご組とてんし組は「どんな色が好き?」を大きい声で歌いました。

先生の所に、順番にカレーをいただきに行きました。

先生たちが、3カ所に分かれて順番にカレー配ります。

おいしそう~!先生、たくさん入れてね。

おいしそう~!先生、たくさん入れてね。

準備が出来て、みんなでいただきますのお祈り。

みんなで、「いただきます」のお祈り。

てんし組さんも、いっぱい食べてね。

てんし組さんも、いっぱい食べてね。

実習生の先生と一緒に、イェ~イ(^^)v

実習生の先生と一緒に、イェ~イ(^^)v

おかわりして、いっぱい食べてね。

おかわりして、いっぱい食べてね。

食事の後は、先生によるシアターを楽しみました。

食事の後は、先生によるシアターを楽しみました。

先生達のパネルシアターはいつも面白いね。

先生達のパネルシアターはいつも面白いね。

 

昨日のクッキング保育に続いて、今日はホールがレストランに変わり、みんなで楽しくお昼をいただきました。各学年が歌の発表をおこない、年長さんの歌「1年生になります」を聞いたときは、ちょっぴり寂しい気持ちに、年中さんの「ともだちになるために」のしっとりとした歌は、心があたたかくなりました。年少さんの希望に満ちた「大きな木」や、可愛いいちごさん達の「どんな色が好き?」は心が明るく楽しくなりました。全園児でお祈りをして食べたカレーライスのおいしかったこと。自分たちがにんじんや玉ねぎじゃがいもを切ったので、なおさらです。お代わりをする子もいっぱいいました。一緒のテーブルになった小さいお友だちのお世話をする年長や年中さん達の姿も嬉しかったです。お腹がいっぱいになって先生達のシアターも楽しみ、その後、お外でなわとびの練習をがんばり、楽しい一日を過ごした聖マリアの子供たちでした。

2020年02月07日(金)

火災の避難訓練

火災報知器が鳴って、急いで階段を降りる年中の子ども達

火災報知器が鳴って、急いで階段を降りる年中の子ども達

年長は外の階段で避難しました

年長は外の階段から避難しました

消防士さんのお話を真剣に聞く子ども達

消防士さんのお話を真剣に聞く子ども達

洋服に火がついてしまった時の消し方を教えていただきました。

洋服に火がついてしまった時の消し方を教えていただきました。

火がついたからピタッと止まり、体を伏せてごろごろして火を消します。一人ひとりやってみました。

火がついたからピタッと止まり、体を伏せてごろごろして火を消します。一人ひとりやってみました。

ピタッ、ドタン、ゴロン。

ピタッ(止まって) バタン(伏せて) ゴロン(ゴロゴロ回転)

先生達の消火訓練を応援する子ども達

先生達の消火訓練を応援する子ども達

本当の火事の時も、慌てないで消火器を使えますように

本当の火事の時も、慌てないで消火器を使えますように

消防自動車には、どんな物が積んであるのかな?

消防自動車には、どんな物が積んであるのかな?

全員が順番に、消防自動車に乗ってみました。

全員が順番に、消防自動車に乗ってみました。

消防自動車の前で写真を撮るてんし組

消防自動車の前で写真を撮るてんし組

いちご組(こっち向いて~!)

いちご組(こっち向いて~!)

年少の男の子たち

年少の男の子たち

年少女の子たち(ポーズも決まっています)

年少女の子たち(ポーズも決まっています)

敬礼する年中の女の子たち

敬礼する年中の女の子たち

年中男の子。消防士さんて、かっこいいね。

年中男の子。消防士さんて、かっこいいね。

年長の女の子、イェーイ!

年長の女の子、イェーイ!

年長の男の子。今日は全員出席。うれしいね。

年長の男の子。今日は全員出席。うれしいね。

最後に、お礼のご挨拶をすると、消防士さんは敬礼して下さいました。

最後に、お礼のご挨拶をすると、消防士さんは敬礼して下さいました。

 

消防士さんに来ていただいて、火事の避難訓練をしました。先生達も119への通報訓練や消火訓練をしました。火災報知器の大きい音と先生達の「火事だ~。逃げて~。」の声で、子ども達はハンカチや手で口を押さえて、速やかに園庭に逃げました。園庭には消防士さんが6名も来ていて、避難のお話や、体に火がついた時の消し方を教えて下さいました。日本は火事を起こさない教育や訓練が多いですが、アメリカでは火事になった時の訓練が主流なのだそうです。そこで今日は、服に火がついてしまった時、慌てないで消す方法を教えていただき、一人ひとりやってみました。子ども達はみな真剣に取り組んでいました。訓練で緊張した後は、消防自動車の説明を聞き、たくさんの物が積んであることに驚いたり、運転台に乗ってみたり、嬉しそうな子ども達でした。

2020年02月03日(月)

感性感覚あそび(冬)

のりさんと宗太君が富士山から雪を持ってきてくれました。

のりさんと宗太君が富士山から雪を持ってきてくれました。

一人ひとりが手袋をして、雪のかたまりを持ちました。

一人ひとりが手袋をして、雪のかたまりを持ちました。

 

森の奥から採ってきた雪をなめてみました。

森の奥から採ってきた雪をなめてみました。

 

雪のかたまりは、どんな音がするかな?

雪のかたまりは、どんな音がするかな?

 

雪を耳にあてて、一生懸命きく年少さん。

雪を耳にあてて、一生懸命きく年少さん。

 

子ども達の周りを先生達が囲んで、雪を降らせてくれました。

子ども達の周りを先生達が囲んで、雪を降らせてくれました。

 

今日は豆まき。鬼に雪をぶつけちゃおう!

今日は豆まき。鬼に雪をぶつけちゃおう!

 

鬼に届くかな?ポーンて投げてみよう。

鬼に届くかな?ポーンて投げてみよう。

 

お兄さんお姉さん達は、さすがに上手です。

お兄さんお姉さん達は、さすがに上手です。

 

雪をすくっては投げ、夢中で鬼に雪をあてていました。

雪をすくっては投げ、夢中で鬼に雪をあてていました。

 

水をいっぱい含んだ雪でしたが、子ども達は大喜び。

水をいっぱい含んだ雪でしたが、子ども達は大喜び。

 

わぁ-、大きなかたまりとったね。

わぁ-、大きなかたまりとったね。

 

雪が泥水になるまで、飽きることなく遊びました。

雪が泥水になるまで、飽きることなく遊びました。

 

かわいい雪だるまも作りました。

かわいい雪だるまも作りました。

 

今日は、富士山の森の奥から持ってきた雪で、みんなで遊びました。手袋を持ってくるだけで、朝からウキウキの子ども達。冷たい雪をもって、なめてみたり、耳や頬にあてたりして雪の感触を味わいました。今日は節分なので、雪合戦ではなく、鬼に雪をぶつけるゲームもしました。暖かい日が続いて、水を多く含む雪で、すぐ溶けてしまいましたが、子ども達は時間を惜しんで雪と遊びました。富士山の森の奥から、雪をとるのに1時間もかかったというノリさん達に感謝しながら、短い時間でしたがいちご組からつき組まで全園児で雪遊びを楽しむことが出来ました。

2020年02月01日(土)

作品展

今年のテーマは、「ムーミン谷へようこそ」

今年のテーマは、「ムーミン谷へようこそ」

 

満3歳いちご組とてんし組は、おさびし山とニョロニョロを作りました。

満3歳いちご組とてんし組は、おさびし山とニョロニョロを作りました。

年少さんは、ミムラ夫人とミムラ姉さん、リトルミィを作りました。

年少さんの学年製作は、ミムラ夫人とミムラ姉さん。個人製作はリトルミィです。

年中はエンマ劇場と、ムーミンとパパ、ママ、スノークのお嬢さんを作りました。

年中はエンマ劇場と、ムーミンとパパ、ママ、スノークのお嬢さんを作りました。

年長は、水浴び小屋とスナフキンを作りました。

年長は、水浴び小屋とスナフキン

お花紙を丸めて貼った顔出しパネル

お花紙を丸めて貼った、共同製作の顔出しパネル

ご家族の方たちも、記念写真をパチリ。

ご家族の方たちも、記念写真をパチリ。

全園児で共同製作したムーミンハウスがホールの真ん中に置かれています。

牛乳パックをつなげて作ったムーミンハウスがホールの真ん中に置かれました。

金曜日も土曜日も、保護者の皆様方でいっぱいでした。

金曜日も土曜日も、保護者の皆様方が大勢来て下さいました。

子ども達の作品を携帯の写真におさめる保護者の皆様

子ども達の作品を携帯の写真におさめる保護者の皆様

満3才児の月々の製作

満3才児の月々の製作

年少さんの大判の絵画。4月からの成長が感じられます。

年少さんの大判の絵画。4月からの成長が感じられます。

年中の大判の絵。夏休みの思い出、運動会の絵など

年中の大判の絵。夏休みの思い出、運動会の絵など、どれも力作です。

年中の月々の製作。手形アートや指スタンプ、一人ひとりの一年間の製作が並べられました。

年中の月々の製作。手形アートや指スタンプ、一人ひとりの一年間の製作が並べられました。

年長さんの作品の前で、記念写真

年長さんの作品の前で、記念写真

年長さんの絵。そりすべり、運動会、お芋掘り。どれもいきいきと描かれています。

年長さんの絵。そりすべり、運動会、お芋掘り。どれもいきいきと描かれています。

 

1月31日、2月1日の2日間、作品展が開かれました。今年のテーマは「ようこそムーミン谷へ」です。園のホールにムーミンの世界が繰り広げられました。3学期が始まってから、毎日コツコツと作り続けた個人製作や、学年製作。少しずつ形になっていくのを毎日楽しみながら作りあげていきました。先生達もアイディアを出し合い、協力し合い、統一感のある作品展になりました。廊下や壁には、一年間の製作や、大判の絵が展示され、子ども達の成長を嬉しく見つめるご家族の皆様であふれました。みんなで一つのものを作りあげるという、この喜びに満ちた経験が、子ども達の生きる力につながりますように。